サイバーレンジハンズオン トレーニング開催

情報セキュリティ人材の不足が叫ばれる中、サイバーセキュリティ分野における高いスキル・実行力・判断力を持つ人材の育成は急務です

セキュリティエンジニア育成のためのコースラインナップを増強し、サイバーレンジハンズオントレーニングの2コースの提供を開始しました。

サイバーレンジハンズオンは、攻撃手法を理解し実践することで、CSIRTの訓練の一環として企業のセキュリティ担当者およびインシデントレスポンダーが標的型攻撃発生時に円滑に対処できることを目的に開発されたトレーニングです。 実際に日本で発生した標的型攻撃を再現したシナリオに沿って、まずは攻撃する側になって擬似的に用意した攻撃対象ネットワークに侵入します(CYBER1/2共通)。

その後、自身が行った攻撃をサイバー攻撃分析官の立場として分析します(CYBER2のみ)。
シナリオベースで攻撃側の手法を学ぶことにより心理状態も把握できるので、敵を知った上での自身の防御手法を講じることができます。また、フォレンジック編では、侵入後の分析手法を学ぶので、犯人の特定や証拠保全の具体的な方法が身に付きます。

サイバーレンジハンズオン~サイバーセキュリティ攻撃/防御編~

 

サイバーレンジハンズオン~サイバーセキュリティ攻撃/防御編/フォレンジック~

関連記事

コメントは利用できません。